書く時のルール

授業

学校では原稿用紙に作文などの文章を書くことが多くありますが、まずは書き方の基本的なルールを知っておく必要があります。文章の題名は、1行目に書きますが、その際に上を2~3マス空けて書く必要があり、名前は次の行の下を1~2マス空け、姓と名の間も1マス空けるのがルールです。本文は、名前の次の行から書き始めますが、その際に上を1マス空ける必要がありますし、段落を設ける場合も同様に上を1マス空けるようにしましょう。句読点については、1マスに1つ書きますが、行のはじめに書いてはいけませんし、行の最後にマスがない場合は、文字と一緒に書くか欄外に書きます。会話文に関しては、かぎかっこの中に書くのがルールであり、書き始める際は行を変えるのが原則です。

文字数やサイズの種類

原稿用紙

原稿用紙にはさまざまな種類がありますが、文字数としては400字詰めのものが最も一般的だと言えるでしょう。他にも200字詰めや240字詰め、そして300字詰めといったものがありますし、さらに文字数が少ないものもあります。特に小学校低学年の場合は、比較的短い文章を書くような課題も多いため、文字数が少ないものが用いられることが多いでしょう。そして原稿用紙のサイズに関しては、B5やA4、そしてB4といったサイズがある他、ハガキサイズのものや規格外のものもあります。サイズについて知っておきたいのは、同じ文字数のものだとサイズの違いによって文字の大きさが変わるということです。ですので、そのことは読みやすさにも影響してきますし、自分の書き方の感覚に合っているかどうかということにも関わってくると言えるでしょう。

余白やデザインなどの種類

授業

原稿用紙には、ルビを書く余白が有るものと無いものがありますが、学校で使用されるものはその余白が有るものが多いでしょう。この余白は、ルビや傍点を記入するのに便利な他、行の違いが分かりやすくなるというメリットもあると言えます。そして原稿用紙のデザインについては、行やマスを分けるために引かれている罫線の色のバリエーションが豊富にあります。よく見かけるのはオレンジっぽい色のものですが、他にも赤や緑などがあるため、自分の好みや気分に応じて選ぶことも可能でしょう。さらに原稿用紙には、1枚1枚がバラになっているものと、ノートのように綴じているものがあります。そしてこのバラのものは真ん中に折り目がありますが、綴じているものはそれがないという特徴があり、折り目がないほうが書きやすいという人もいます。また、原稿用紙というのは、自分の書き方の感覚に合ったものを選べばよいと言えますが、コンクールなどに提出する場合は決まった形式のものが指定されていることも多いため、それに従いましょう。

広告募集中